葬儀と告別式の違い|東京セレモニー

東京都葛飾区でのご葬儀・お葬式・家族葬に対応いたします。

東京セレモニーについて

相談無料・通話無料の総合受付ダイヤル 0120-488-262

HOME > 葬儀用語集・豆知識 > 葬儀と告別式の違い

葬儀と告別式の違い

わたしたちがごく一般的に使う「お葬式」という言葉。この中には「葬儀」と「告別式」の二つを含んだ言葉ということをご存じでしょうか?

葬儀と告別式は一緒に行われることが現在では一般的となっています。 あるいは「葬儀」=「告別式」という認識かもしれません。

どちらも儀式という点では同じですが、本質は違います。

簡単に区別しますと、葬儀は故人を葬る為の宗教儀礼や儀式のこと。告別式はご縁のあった方々が故人に最後の別れを告げる儀式です。

明治時代までは葬儀のみを行う風習があったそうですが、前述したとおり現在では葬儀と告別式は一緒に行うのが一般的です。

流れで区分しますと、焼香が葬儀と告別式の区別とされていますが、こちらも現在では明確な区別ではありません。

儀式で明確な意味の違いがあるのは「通夜」かもしれません。通夜の社会通念上の意味としては死者を葬る前に夜通し別れを惜しんで供養することで、もともとは、家族や親戚、縁の深い方だけで営まれていました。現代では告別式に参列できない方の故人とのお別れの場ともなっています。

いずれにしても、共通しているのはどの儀式も故人を弔い、葬るということでではないでしょうか。

東京セレモニーではお客さまのご要望を叶えるべくさまざまなプランをご用意しております。お気軽にご相談ください。

相談無料・通話無料の総合受付ダイヤル 0120-488-262

東京セレモニーの葬儀がよく分かる資料を無料ですぐにお送りいたします。

ご葬儀のご依頼・お見積もり、事前のご相談・資料のご請求 0120-488-262

Copyright (c) 2004- tokyo-ceremony.co.jp All rights reserved.